• HOME
  • お出かけスポット
  • おすすめ本
  • サイトマップ

HOME > 生後の赤ちゃんの経過 > 生後8ヶ月頃の赤ちゃん

生後8ヶ月頃の赤ちゃん

生後8ヶ月頃の赤ちゃん

自分での動きが活発になってくるこの頃は、身のまわりの物にも好奇心旺盛です。少し目を離したすきにティッシュペーパーを大量に取り出し散乱している・・・なんて事がこれから何回もあることでしょう。オモチャも音の鳴るものや、ボタンが光るものなどレベルアップしたものに興味を持ち出します。

生後8ヶ月頃の特徴

  • 自分で哺乳瓶を持って飲む
  • 寝ている状態から起き上がり、座るまで出来る
  • ハイハイのような動きをする
  • 手を叩いたり、バイバイのようなしぐさをする
  • つたい歩きをする
  • バナナなどのフルーツを食べる

身長・体重

生後8ヶ月頃の赤ちゃんの平均体重は7,000〜9,000gで、身長は65〜70cmほどが平均のようです。

ハイハイの前兆?

ハイハイは赤ちゃんの代名詞とも言えるほど有名なしぐさですが、このぐらいの時期から自分で動こうとするのですがうまく前に進めずに、ハイハイの動作で後ろに進んでいくという現象がよく起こります。最初は『なんで後ろやねんっ』と突っ込みたくなりますが、どうやらここから始まるようですね。
後ろに進むことに慣れてくると、今度は前に進む番ですが、後ろに慣れてしまったのかすぐにはギアが切り替わらないようです。心配しなくても近いうちに前メインで進むようになりますので、今は後ろハイハイのポーズを楽しみましょう。 

つたい歩きをする

ハイハイのような動きをしたかと思えば、低いテーブルなどをつたって歩くなど行動範囲はグンと広がります。最初の頃は今にも転んでしまいそうな足取りで、見ている方も怖いですが、自分の意思で進もうをしている場合はできるだけ赤ちゃんの思うようにさせてあげることも必要です。
また、赤ちゃんと向かい合って両手をつないであげながら、1歩1歩前に歩かせる練習をすると赤ちゃんも喜びますし、よい遊びにもなります。

フルーツを与える

歯は前歯ほどしか生えてませんので、まだまだ噛むということには不慣れな赤ちゃんですが、だんだんと口の中で潰せる力がついてきます。ウチでは生後8ヶ月頃は毎日のようにバナナを与えていました。しかも朝ごはんに小〜中ぐらいのサイズのバナナを丸ごと1本+ミルク200ccという食欲でした。バナナは小さく食べやすく切って与えており、他にはイチゴも小さく切って与えてあげれば口の中で潰して食べれますので、この2つのフルーツは栄養価も高くオススメです。

ある日の流れ(生後8ヶ月)

ある日の流れ(生後8ヶ月)

生後8ヶ月頃の晩御飯では納豆ご飯やカボチャの煮物などをよく与えていました。離乳中期頃で、歯はまだ前歯ほどしか生えていないため、舌と上あごで潰せる程度のやわらかさが良いでしょう。

おすすめアイテム

木のバリアフリーゲート

壁や柱にねじでしっかり取りつけるタイプ。足元に段差がないのでつまずく心配がなく、強度も安全性も抜群です!突っ張りゲートでは心配だった階段の上にも安心して使えます。

ページの先頭へ